Date

オーラルケア・スタッフ・『コスモス』

リハの装具となり得る義歯の装着を!
Breast Cancer Ribbon

サイト運営者

サイトの運営・開発・管理は、静岡県浜松市の歯科医師・糟谷政治、及び、糟谷勇武が行っております。

ご意見等ありましたら右メニューの送信フォームよりお送り下さい。

5 Responses to “サイト運営者”

  1. さかんみほ より:

    糟谷政治先生 糟谷勇武先生 コスモスの皆様

    ホームページ開設おめでとうございます
    そしてありがとうございます

    これから情報を参考にさせていただきますし
    私からもどんどん発信させて頂こうと思います

    今後ともよろしくお願いいたします

  2. 野口優子 より:

    初めまして。東京の東村山市というところに住んでおります野口優子と申します。89歳の父を自宅に呼び一緒に暮らしておりますが、先日留守中に倒れており、呑み込めなくなりその後ペースト状のものしか食べられない日々が続いています。(倒れる前は、私たちとおなじ普通の食事をしていました。)最近元気を取り戻しつつあります。ラーメンがたべたいなと言いますが、倒れる前からすでに入れ歯が合わなくなっていたものと思われます。先生のような診療を訪問でしてくださる方が近くにいらしたらお願いしたいのですがご存じではないでしょうか。

  3. 管理者 より:

    野口様
    コメントありがとうございます。
    東村山に知り合いは居ませんので現在関東の心ある歯科医師に聞いている所です。
    いま、訪問する歯科医師は増えては来ましたが、入れ歯や咀嚼・嚥下は勿論、認知症や全身まで診る事が出来る歯科医師は金の卵を探すような状況です。
    厚労省が訪問歯科診療の充実を言っておりますが、歯科医師には保険で訪問できる距離は診療所より片道16キロという縛りが有ります。
    この法律は50年前に制定されたもので現在も変わっていませんので、金の卵の歯科医師達は、ボランティアで遠距離の方を診ているのが現状です。
    そんな訳で、野口さんの期待に応えられないかも知れませんが御容赦ください。

  4. 野口優子 より:

    さっそくにお返事ありがとうございます。

    保険でなく自費でもいらっしゃるようでしたら教えていただきたいくらいです。

    しかし、距離が遠いということはそれ自体が先生方にとって負担になってしまいますね。

  5. 管理者 より:

    野口様
    取り急ぎ御報告致します。
    我々が所属している全国訪問歯科研究会(通称・加藤塾)のメンバーのお一人が、
    「おまかせください」と手を挙げてくださいました。
    ただ、既に今年は正月休みに入り、お孫さんと過ごされているとのことで、実際に訪問できるのは来年4日以降になるとのことでした。
    また明日、野口様のメールアドレスに直接先方の歯科医師の連絡先を改めて送付したいと思いますが、訪問診療は来年以降になることをご了承頂けますでしょうか?

コメントを残す